使うならコレ!格安の海外wifiレンタルサービスまとめ

HOME » 海外旅行へ行く前にチェック!Wifiの基本知識 » 「パケ死」を避ける!チェックしておきたい使い方

「パケ死」を避ける!チェックしておきたい使い方

ここでは海外wifiレンタルを利用する場合の注意点や設定・使用方法について解説しています。

「パケ死」を避けるために必要なこと

「パケ死」という言葉はご存知でしょうか?パケ死とはパケット通信(データ通信)の請求が驚くほど高額になり支払いが困難になる状況のことを言います。

スマートフォンや携帯電話はローミングサービスにより、海外に行ってもデータ通信が可能です。ところが、日本での料金プランは海外では適用されず、高額なパケット通信料が別途請求されるためパケ死が起こります。

こうした事態を受け、各携帯会社は海外パケホーダイなどのデータ定額サービスを開始したため、最近ではパケ死したという報告は減ってきています。

但し、海外データ定額サービスを利用していても高額請求の可能性が全くなくなったわけではありません。提携していない海外の通信事業者に接続してしまうと、データ定額サービスが適用されないからです。

パケ死の可能性をゼロにするためには、データローミングの設定をオフにすることです。そして、その設定のまま海外で快適な通信を可能にするのが、海外wifiレンタルサービスなのです。

海外wifiレンタルの設定と使用方法

スマートフォンは、データローミングをオフにしてもwifi接続は可能です。海外wifiレンタルとは、海外でも使えるwifiアクセスポイントを持ち歩けるサービスと言い換えることができます。

ではどのようにして海外wifiレンタルが利用できるようになるのか、設定や使用方法について順番に説明しましょう。

まず、日本を出発する前にデータローミング(モバイルデータ通信)の設定をオフにします。

渡航先に着いたらスマートフォンのwifi設定をオンします。次にレンタルしたwifiルーターの電源をオン。ルーターのSSIDとパスワードを確認して、パスワードを入力すれば接続完了です。

接続が確認できたら、アプリの自動更新や自動的にデータバックアップをとるクラウドサービスの設定をオフにしておくと、ムダな大容量通信を避けることができます。

またwifiルーターの電源は、通信をする時以外はオフにしておくとバッテリーが長持ちします。

帰国後は、データローミング(モバイルデータ通信)の設定をオンにすれば元通り使えるようになります。

wifiを使用する上で気をつけたいのが通信量。ここでは、海外でwifiを使う場合の危険性を解説しています。

wifi使う際はここに注意!~通信料について~

wifiは無料wifiが使える場所以外では通信料が掛かる場合があります。wifiが使えるという表示が出たとしても、それが無料か有料かは画面での判別ができないので、必ずその場所で無料wifiが利用できるかどうかを確かめる必要があります。

無料wifiを利用する手順は2つあります。まず、ローミング機能を切ることです。それから無料wifiが使える場所でwifi設定をオンにして、リストから選ぶと利用できます。

無料wifiは誰でも利用できるように開放されている所もあれば、施設利用者にパスを教えてもらったりwifi利用料金を事前に支払ったりする場合など、一部有料となる場合もあります。

①通信制限がある

海外wifiを利用する場合、多くの人が海外でのパケット定額を受けられるローミングサービスを選ぶでしょう。パケット定額と聞くと、多くの人はwifiが使い放題だと考えますが、実際は違います。

一般的な海外向けwifiレンタルルーターは、400MB以上のパケット通信ができないよう制限が掛けられています。そのため、料金自体は定額ですが、400MB以上利用した場合、ネットが一切利用できなくなることもあるのです。

メールやSNSでの書き込みなどであれば、データ通信量が少ないため400MB以上使ってしまうことはまずありません。

ところが、アプリのインストールやアップデート、動画サイトの閲覧などをしてしまうと、すぐにデータ通信量は跳ね上がってしまうため、簡単に400MBを超過する可能性が出てきます。

【対策】

  • アプリや動画サイトなどの利用を控える
  • アプリのバックグラウンドデータをオフにする
  • OSなどのアップデートは控える
  • Cloud機能をオフにする

②「モバイルデータ通信」をオフにする

上記に記載したように、パケ死を回避するためにはデータローミングをオフにすることが重要です。

しかし、最近では電話会社の技術力が向上したことにより、データローミングをオフにしても電話会社から別途で通信料が発生することがあります。

アプリの中には、データローミングがオフの状態にも関わらず、自動でデータを送信してしまうものがあります。データ受信によって通信量がパケット定額の上限を超えてしまう場合や、高額な通信料が発生してしまうこともあるので、注意が必要です。

【対策】

  • データローミングをオフにすると同時に、モバイルデータ通信もオフにする

③日本で電源を入れない

wifiルーターのレンタル申請の際に選択した国以外で利用すると、後日パケット定額サービス外の料金を請求されることがあります。

海外でレンタル申請を行い、そのまま日本で同じルーターを使ってしまった場合、または国内での申請時に渡航先の国を選択し、日本に帰国後も同じルーターを使った場合など、こうした問題が起こるので要注意です。

【対策】

  • レンタル申込時に選択した国以外で電源を入れない
  • 「この国で使うルーターは、この国でしか使わない」と意識づける

wifiを使う際はここに注意!~利用について~

国内での利用とは違い、海外でwifiルーターを使用すると思わぬトラブルに見舞われることがあります。現地で慌ててしまわないよう、よくあるトラブルへの対処方法を把握しておきましょう。

①バッテリーがすぐに尽きてしまう

wifiルーターを1日中オンにしておくと、すぐに充電が切れてしまいます。ルーターをずっとオンにする状態というのは、携帯電話で例えるならずっと通話しているのと同じです。そのため、ネットを使っていなくても電力がどんどん失われていくため注意しておきましょう。

【対策】

  • 必要になったときだけ電源を入れるよう意識づける
  • 長時間使用する場合、充電器を使いながら利用する

②wifiの電波状況がよいのにネットに繋がらない

携帯に表示されているwifiの電波状況がよいのに、ネットに繋がらないという場合、まずはwifiルーターの電波状況を調べましょう。

携帯に表示されている電波状況は、あくまで携帯とルーター間での電波状況なので、ルーターとアクセスポイントの電波状況が悪ければ通信できない場合があります。

海外にはwifiの電波が届きにくい場所(基地局がない場所、地下鉄など電波が届きづらい場所、基地局が置けない世界遺産の近くなど)が多くあるため、電波が届きづらい場合は場所を移動するなどの工夫が必要です。

また、日本で作られているルーターや携帯は、電波法によって海外よりも出力が弱く設定されています。アクセスポイントの近くでも繋がらない場合、現地でwifiルーターと携帯電話を調達するとよいでしょう。

【対策】

  • 電波が届きづらい場所から届きやすい場所へ移動する
  • アクセスポイントを探し、その近くでネットを利用する
  • 海外でwifiルーターや携帯電話をレンタル、または購入する

③ルーターの発熱が気になる

電源を長時間オンにすると、ルーターは熱を帯びます。ルーターがその熱で壊れることはありませんが、熱に弱い機器の近くに置くと、その機器を壊してしまうことがあるため注意しましょう。

また、電源を入れたまま鞄に入れてしまい、熱で中の食べ物の品質を悪くすることもあるため、保管場所には気をつけましょう。

【対策】

  • こまめに電源を切る
  • 熱に弱いものの近くに置かない
  • 長時間使用する場合、日光が当たらず風通しのよい場所に置く

④レンタルの申込締切に間に合わなかった

レンタルサービスを行う会社は、どの会社でもレンタル申し込みはすぐに行うことはできません。

会社によって期日は異なりますが、渡航の一日前や当日にレンタルをすることはできない場合があります。wifiルーターをレンタルする場合、会社ごとの申込期日についてよく確認しましょう。

【対策】

  • 会社のホームページを調べるか、電話・メール・店舗窓口などで申込期日を調べる
  • 日時に余裕をもって申し込みをする

⑤無料wifiを使った後、携帯電話の機能に異常が現れた

ルーター無しで利用ができる無料wifiは海外の観光名所に多くあります。そのため「旅行のためにわざわざルーターを借りなくてもいい」と考える人も多いでしょうが、実は無料wifiはセキュリティ上に問題があります。

個人情報を盗まれることや、ウイルスに感染させられることも考えられるため、なんの対策もせずに利用するのは非常に危険といえます。

特に海外ではこうしたトラブルに巻き込まれやすいので、安く済ませようと安易に無料wifiを利用するのは避けましょう。

【対策】

  • 有料のVPN通信を使う
  • 暗号を解読されやすいWEP方式のものを利用しない
  • wifiルーターをレンタルする

わからないときはレンタル会社に確認

国内とは異なり、言語の違いやwifiの設置状況、ローミングサービスの違いなど、海外ではさまざまな問題が起こる可能性があります。レンタルを申し込む際は、説明をしっかり聞いた上でレンタル会社にわからないことを確認するなどして、トラブル回避策や対処法を把握しておきましょう。

3泊4日の料金で比較!海外wifiレンタルサービス早見表

イモトのWiFi
当日レンタルOK!
グローバルwifi
当日レンタルOK!
ワイホー!
当日レンタルNG
JALABC
当日レンタルOK!
グローバルモバイル
当日レンタルNG
韓国の場合 3,920早割あり
30日前10%OFF
40日前15%OFF
5,880 5,064 5,440
公式
サイト
公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ
海外wifi3泊4日の利用でも3,920円~!?
フリーwifiは危ない?

現地のフリーwifiはセキュリティ(暗号化)設定が甘く、不正アクセスによるウイルス感染や個人情報を盗まれる可能性が高いのです。特に海外の空港やホテルにはハッカーがフリーwifiを装って、偽の接続先を設置していることもあるので細心の注意が必要です。詳しくはこちら

どっちがオトク?wifi vs ローミング