使うならコレ!格安の海外wifiレンタルサービスまとめ

HOME » 海外旅行へ行く前にチェック!Wifiの基本知識 » 「パケ死」を避ける!チェックしておきたい使い方

「パケ死」を避ける!チェックしておきたい使い方

ここでは海外wifiレンタルを利用する場合の注意点や設定・使用方法について解説しています。

「パケ死」を避けるために必要なこと

「パケ死」という言葉はご存知でしょうか?パケ死とはパケット通信(データ通信)の請求が驚くほど高額になり支払いが困難になる状況のことを言います。

スマートフォンや携帯電話はローミングサービスにより、海外に行ってもデータ通信が可能です。ところが、日本での料金プランは海外では適用されず、高額なパケット通信料が別途請求されるためパケ死が起こります。

こうした事態を受け、各携帯会社は海外パケホーダイなどのデータ定額サービスを開始したため、最近ではパケ死したという報告は減ってきています。

但し、海外データ定額サービスを利用していても高額請求の可能性が全くなくなったわけではありません。提携していない海外の通信事業者に接続してしまうと、データ定額サービスが適用されないからです。

パケ死の可能性をゼロにするためには、データローミングの設定をオフにすることです。そして、その設定のまま海外で快適な通信を可能にするのが、海外wifiレンタルサービスなのです。

海外wifiレンタルの設定と使用方法

スマートフォンは、データローミングをオフにしてもwifi接続は可能です。海外wifiレンタルとは、海外でも使えるwifiアクセスポイントを持ち歩けるサービスと言い換えることができます。

ではどのようにして海外wifiレンタルが利用できるようになるのか、設定や使用方法について順番に説明しましょう。

まず、日本を出発する前にデータローミング(モバイルデータ通信)の設定をオフにします。

渡航先に着いたらスマートフォンのwifi設定をオンします。次にレンタルしたwifiルーターの電源をオン。ルーターのSSIDとパスワードを確認して、パスワードを入力すれば接続完了です。

接続が確認できたら、アプリの自動更新や自動的にデータバックアップをとるクラウドサービスの設定をオフにしておくと、ムダな大容量通信を避けることができます。

またwifiルーターの電源は、通信をする時以外はオフにしておくとバッテリーが長持ちします。

帰国後は、データローミング(モバイルデータ通信)の設定をオンにすれば元通り使えるようになります。

3泊4日の料金で比較!海外wifiレンタルサービス早見表

イモトのWiFi
当日レンタルOK!
グローバルwifi
当日レンタルOK!
ワイホー!
当日レンタルNG
JALABC
当日レンタルOK!
グローバルモバイル
当日レンタルNG
韓国の場合 3,920早割あり
30日前10%OFF
40日前15%OFF
5,880 5,064 5,440
公式
サイト
公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ
海外wifi3泊4日の利用でも3,920円~!?
フリーwifiは危ない?

現地のフリーwifiはセキュリティ(暗号化)設定が甘く、不正アクセスによるウイルス感染や個人情報を盗まれる可能性が高いのです。特に海外の空港やホテルにはハッカーがフリーwifiを装って、偽の接続先を設置していることもあるので細心の注意が必要です。詳しくはこちら

どっちがオトク?wifi vs ローミング