使うならコレ!格安の海外wifiレンタルサービスまとめ

wifi VS ローミング

ここでは海外パケホーダイなどのローミングサービスと海外wifiレンタルを比較して料金や手間の違いを解説しています。

海外パケホーダイと海外wifiレンタルの料金の違い

wifiレンタルとパケホーダイどっちがオトク?携帯電話各社では、海外でのスマートフォンの1日の通信利用料金が定額になるローミングサービスを提供しています。

これを利用する場合と海外wifiレンタルを利用する場合の料金について比較してみましょう。

日本にはdocomo、au、softbankの3つの大手携帯電話会社がありますが、各社の海外ローミングサービスの内容はほぼ同じです。

  • 海外パケ・ホーダイ(docomo):20万パケット(約24.4MB)までは1,980円/日、20万パケット以上は最大2,980円
  • 海外ダブル定額(au):パケット通信料金が約24.4MBまで1,980円/日、どれだけ使っても最大2,980円/日
  • 海外パケットし放題(softbank):パケット25Mバイトまで0~1,980円/日、25Mバイト以上なら2,980円/日

どの会社も2段階方式になっていますが、分かれ目となる20万パケット(約24.4MB)は動画なら3分、あるいは重たい画像データを何回か送信するだけで達してしまいます。

海外旅行でネットを利用して情報検索などをすれば、ほぼ2,980円/日かかると考えてよいでしょう。

一方、海外wifiレンタルサービスの場合はどうでしょうか。訪れる国によって料金は異なりますが、イモトのWiFiの高速データ通信(LTE)プランでは最も高くても1,580円/日、グローバルwifiでは最高値でも1,670円/日となっています。

どちらも大容量プランで1日500MBまで使えてこの料金ですので、圧倒的に海外wifiレンタルサービスの方がお得です。

設定や手続きの手間はどうなの?

料金以外に、申し込み手続きや設定などの手間についての違いを考えてみましょう。携帯電話各社の海外パケット定額サービスでは基本的に申込手続きは必要ありません。

では、何もしなくても良いかというとそんなことはありません。パケット定額には対象事業者というのがあり、海外で対象外の事業者に接続してしまうと高額な料金が請求されることになります。

それを避けるために、行先によって手動で通信事業者の設定を行うことが必要になります。携帯電話会社によっては海外利用アプリを用意している場合がありますが、それを使うためには渡航前にダウンロードしておいて対象事業者の有無の確認や設定を行うことになります。

海外wifiレンタルサービスを利用するためには、申込みが必要です。しかし事前の手続きによって渡航先に最適な機器を選択するので、間違った通信事業者に接続してしまうという心配はありません。

なお、wifi機器は事前に宅配便で送ってもらったり、空港の取扱い窓口で受け取ることができます。

設定は、スマートフォン側から見るとwifi接続先の一つになるだけです。現地に着いたらデータローミングをオフにしてwifi接続のためのパスワードの設定をすればすぐに利用することができます。

海外パケット定額では常に接続先を気にしなければなりませんが、海外wifiレンタルは日頃からスマートフォンのwifi接続をしている方なら設定に戸惑うことはないでしょう。

3泊4日の料金で比較!海外wifiレンタルサービス早見表

イモトのWiFi
当日レンタルOK!
グローバルwifi
当日レンタルOK!
ワイホー!
当日レンタルNG
JALABC
当日レンタルOK!
グローバルモバイル
当日レンタルNG
韓国の場合 3,920早割あり
30日前10%OFF
40日前15%OFF
5,880 5,064 5,440
公式
サイト
公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ
海外wifi3泊4日の利用でも3,920円~!?
フリーwifiは危ない?

現地のフリーwifiはセキュリティ(暗号化)設定が甘く、不正アクセスによるウイルス感染や個人情報を盗まれる可能性が高いのです。特に海外の空港やホテルにはハッカーがフリーwifiを装って、偽の接続先を設置していることもあるので細心の注意が必要です。詳しくはこちら

どっちがオトク?wifi vs ローミング