使うならコレ!格安の海外wifiレンタルサービスまとめ

自分に合うwifiをおすすめのタイプ別で紹介!

ストレスを感じずにwifiを使いたい人におすすめの選び方

海外へ行く際に手持ちのスマホやタブレットで、web閲覧や検索、SNSができると大変役に立ちます。

いざというときに、通信速度が遅いと思うように検索ができずにストレスが溜まってしまいます。

そこで、海外に行ってもストレスを感じずに、サクサクとweb閲覧ができるwifiの選び方のポイントをご紹介します。

wifiの速度にはどんな種類があるの?

通信速度が速い順にご紹介します。まず一番早いのは、4G(LTE)でその次に3G、2Gの順になります。早ければ早い程、webの閲覧がスムーズで、遅いとイライラしてしまいます。海外へ行ってwebの閲覧やSNS等であれば3Gでも十分な速度です。

4G(LTE)は通信速度が速い

レンタルする際に4Gプランが選べる国ならば、一番通信速度が速い4Gプランを選ぶのがおすすめです。4Gが使えるということは自然と3Gも使えるということなので、もし4Gが使えないエリアでも3Gが使えるので安心できます。

3Gプランにすると費用が安くなりますが、いざという時にサクサクっとweb閲覧ができると大変心強くなるので、通信速度の快適さに重点を置いてwifiを選ぶようにしましょう。

国によって通信事情が異なる

通信速度は、渡航する国や地域のネットワーク環境に大きく左右されます。そのため、一番通信速度が速い4Gプランを申し込んでも、地域によっては使用できない可能性も出てきます。

日本でも電話の電波が悪いときってありませんか?それと同様で、まれに部分的に通信が悪くなります。そのため、事前に自分が渡航する地域の、ネットワーク環境を調べるようにしましょう。

旅行人数に応じてwifiを使いたい人におすすめの選び方

wifiルーター1台で何台まで同時に接続できるの?

基本的に1台につき5台まで接続できる機種がほとんどです。さらにプランによっては通信容量が決まっているので、容量を超えてしまうと通信速度が低下する場合があります。

複数人で同時に接続するのは可能ですが、その分容量の減りが早く、旅行の後半にはwifiを持っている意味がなくなるかもしれません。さらにバッテリーの消耗も早くなるので、出先で充電できるモバイルバッテリーの持ち運びも考えなければなりません。

複数人で1台のwifiをシェアすると費用が安くなるので良いですが、上記のことも考慮すると、1人につき1台のwifiを持つことがおすすめです。

wifiの電波は遠くまで届くの?

wifiの電波は機器の周囲数メートルまでしか届きません。そのため、複数人で使用する場合は全員が一緒に行動をする必要があります。例えば、5人で旅行に行ったとして、2名3名のグループに分かれて宿の部屋をとると、どちらか片方のグループはwifiの電波が部屋の壁で遮断されるので、wifiを使用することができません。

通信容量に応じてwifiを使いたい人におすすめの選び方

通信料に関して調べ物をしていると、○○パケットや○○バイトという言葉がよく出てきます。これらの意味を知っておくことで、自分に合ったwifiを選ぶときに役に立つので把握しておくようにしましょう。

そもそも「KB」「MB」「GB」とは?

スマホやパソコンを使用している中で、よく聞く単位が「KB(キロバイト)」「MB(メガバイト)」「GB(ギガバイト)」があります。どれもデータの容量を表す単位で、大きさは、KB<MB<GBです。これらの単位はパケット通信料を計算する時に、パケットからバイトに数値を変換する際にもよく使われるので、知っていると役に立ちます。1パケット=128バイト、8パケット=1KBというようになります。パケット料金を使い放題にしている方はぜひ参考にしてください。

海外レンタルwifiでよく見かける○○MBって実際どのぐらい使える?

よくある「1日250MB」や「3日間で400MB」って言われても、ピンとこない人が多いです。「1日250MB」の通信料を目安として考えてみましょう。

  • web閲覧:1000ページ
  • メール送信:500通
  • LINE:12.5万回
  • LINE通話:10時間
  • Skypeビデオ通話:7分
  • Google Map:約67回

以上が目安になります。何日渡航先に滞在するのか、複数人で使用するのか、使用目的にもよりますが、地図を頻繁に見たり、待ち時間に動画を見る予定がある人は、容量をオーバーしないように気を遣う必要がありそうですね。250MBで不安に感じる方は、もう少し容量に余裕があるプランを申し込むと安心できますよ。

ネット回線につなぎ放題って、使い放題って意味なの?

ネット回線を使い放題という意味は、つなぎ放題とはまた別の意味になります。そのため勘違いをしないように気を付けましょう。一日当たりの容量というのは各会社によって決まっています。

ほとんどの会社が、一日当たりの容量を超えてしまうと通信制限がかかり、通信スピードが遅くなりメール一つ送るのも、ものすごく時間が掛かってしまいイライラしてしまいます。場合によっては利用停止になりwifi機器そのものの役割がなくなります。

旅行先では時間を潰す機会が意外に多いものです。そんなときには、やはりスマホやタブレットなどの端末を触ってしまうので、容量もなるべく余裕があった方が良いでしょう。使用頻度が多い人は大容量・超大容量プランがおすすめです。

wifi利用価格(実質費用)の安さ重視の人におすすめの選び方

wifiを長い間使用する人は、なるべく月額料金が安くなる方が良いですよね。wifiを申しむ場合は、ほとんどの会社が2年契約で、途中で解約すると違約金が発生する可能性もあります。月額かかる費用をきっちりと知りたい人は、まず2年間かかるトータル費用をまず計算してみましょう。

wifiを初めて申し込む場合、ほとんどの人にキャッシュバックがあって、お得な割引サービスの対象になります。その割引の金額を、2年間のトータル費用から差し引くと、実質負担になる費用が判明します。

申し込み窓口によっては、キャッシュバックの金額が高い場合や、途中で解約する違約金が高い可能性もあります。自分はどういう使い方をするのか、頭で良くイメージしながら一番お得なwifiを手に入れましょう。

通信エリアを気にせずwifiを使いたい人におすすめの選び方

wifiを選ぶ際に、重要になるのが通信エリアの広さです。利用したいタイミングで、この場所が通信エリア外だった・・・という場合も少なからずあります。

そういったことを避けるため、必ずwifiを申し込む前に自分がよく行く場所は通信エリア内なのか、確認しておくようにしましょう。各会社のホームページに通信エリアの地図が掲載されていますが、山間部や障害物があると通信が弱くなる可能性があります。

心配な人は無料で数日間お試しをしてみて、通信ができるかどうか事前にチェックすると安心ですよ。

3泊4日の料金で比較!海外wifiレンタルサービス早見表

イモトのWiFi
当日レンタルOK!
グローバルwifi
当日レンタルOK!
ワイホー!
当日レンタルNG
JALABC
当日レンタルOK!
グローバルモバイル
当日レンタルNG
韓国の場合 3,920早割あり
30日前10%OFF
40日前15%OFF
5,880 5,064 5,440 3,960
公式
サイト
公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ
海外wifi3泊4日の利用でも3,920円~!?
フリーwifiは危ない?

現地のフリーwifiはセキュリティ(暗号化)設定が甘く、不正アクセスによるウイルス感染や個人情報を盗まれる可能性が高いのです。特に海外の空港やホテルにはハッカーがフリーwifiを装って、偽の接続先を設置していることもあるので細心の注意が必要です。詳しくはこちら

どっちがオトク?wifi vs ローミング