使うならコレ!格安の海外wifiレンタルサービスまとめ

HOME » 海外旅行へ行く前にチェック!Wifiの基本知識 » オプションは必ずつけよう

オプションは必ずつけよう

ここでは海外wifiレンタルを利用する際に入っておきたい補償プランについて解説しています。

オプションの補償プランとは何か

海外wifiレンタルでは、基本的な利用料とは別にオプションプランが用意されています。オプションなので必要がある時に追加で選べば良いのですが、必ず入っておきたいのが補償プランです。

補償プランとは、レンタルしているwifiルーターを紛失してしまったり盗難に遭った場合に、弁償料金の一部または全額が免除となる保険のことです。

失くさなければいいと考える方がいるかもしれませんが、トラベルジャーナル社の「海外旅行でのトラブルに関する調査(2013年)」によれば、海外旅行でトラブルに遭遇した時の盗難・紛失の割合は75%にもなっています。

もちろん海外旅行をする人がすべてトラブルに遭うわけではありませんが、旅行中の紛失・盗難の危険性は常に考えておくべきでしょう。

仮に紛失・盗難がなくてもレンタル機器を水没させてしまったり、破損させてしまうと弁償料がかかります。このような場合でも保険が適用されるので安心です。

補償プランに入らないとどうなるの?

もし補償プランに入らずに紛失・盗難や損壊があった場合の弁償料はどのくらいになるのでしょうか。

wifiルーターおよびSIMカードだけで40,000円程度、その他の付属品やオプションで追加レンタルした予備バッテリーなども合わせると、場合によっては80,000円近くかかることもあります。

では補償プランの料金はというと、全額保証で300円/日前後が相場となっています。その他、一部保証や携行品の損害まで保証対象となるプランを用意しているところもあります。

補償プランに入ってさえすれば紛失・盗難があっても、数万円という弁償料はかからずに、1日数百円の負担だけで安心を得ることができるので損はないでしょう。

海外wifiレンタルを利用する場合は必ず補償プランのオプションがあることを確認して、あれば必ず入っておくことをおすすめします。

ここでは、実際に保証プランを利用したことがある人の口コミをご紹介。保証プランを利用するべきか悩んでいるなら、参考になるかもしれません。

補償プランに関する口コミ

保証プランはもしもの時に重要!

オーストラリアツアーへ行く時、補償プランを利用しました。3日間だけのツアーなので、初めは「補償プランなんて大げさだ」と思いました。

だけど、海外旅行では盗難や破損によるトラブルが多いと聞き、慌てて加入しました実際旅行するとツアー参加者の人に盗難にあったという人がいたとか。やはりこういった補償プランは入っていたほうがよいと実感しました。

たった数百円で保証に入れます

海外出張でwifiルーターのレンタルを利用する際、僕は必ず補償に入っています。もし故障や盗難に遭った場合、数万円の弁償を支払うはめになりますからね。補償プランに入れば弁償はほぼ免除してくれるので安心です。

しかもたった数百円で入ることができるので、入ったとしてもそんなに負担とならない点もいいですよね。

3泊4日の料金で比較!海外wifiレンタルサービス早見表

イモトのWiFi
当日レンタルOK!
グローバルwifi
当日レンタルOK!
ワイホー!
当日レンタルNG
JALABC
当日レンタルOK!
グローバルモバイル
当日レンタルNG
韓国の場合 3,920早割あり
30日前10%OFF
40日前15%OFF
5,880 5,064 5,440
公式
サイト
公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ
海外wifi3泊4日の利用でも3,920円~!?
フリーwifiは危ない?

現地のフリーwifiはセキュリティ(暗号化)設定が甘く、不正アクセスによるウイルス感染や個人情報を盗まれる可能性が高いのです。特に海外の空港やホテルにはハッカーがフリーwifiを装って、偽の接続先を設置していることもあるので細心の注意が必要です。詳しくはこちら

どっちがオトク?wifi vs ローミング