使うならコレ!格安の海外wifiレンタルサービスまとめ

海外のフリーwifiは危ない?

海外旅行は、誰もがワクワクするものですが、不安な面もたくさんあります。 その中で最も不安なのが、通信環境です。

昔は、あまり国際電話を活用せずに旅行をしていましたが、現在は、スマホが普及し誰もが気軽に海外でもインターネットをすることが可能になりました。

しかし、海外で気をつけなければいけないのが高額請求です。国内では使い放題なのに対し海外でのネット接続は、高額なお金がかかる可能性があります。

そこで、海外旅行をする人にとって欠かせないアイテムが、Wi-Fi環境です。海外旅行をする際、Wi-Fiスポットを探すのは、当たり前になってきていますが、実はこのWi-Fiには危険な点がたくさん潜んでいます。

そこで、ここではフリーWi-Fiの危険性と利用者の口コミを紹介。さらに無料Wi-Fiの危険性をお伝えしながら、海外旅行向けのWi-Fiレンタルサービス必要性について解説しています。

海外旅行フリーWi-Fi事情

Wi-Fiを使うことで、通信費も節約出来て便利と考える人も多いでしょう。そもそも、フリーWi-Fiはどのようなところに設置されているのでしょうか。日本国内を思い出してください。駅、レストラン、カフェ、レジャー施設、空港など大勢の人がアクセスする場所に設置されています。海外も同様です。主な場所は、下記のとおりです。

1、国際空港

海外からやってくる人を受け入れる施設には、フリーWi-Fiが完備されています。ラウンジでパソコン、スマホ操作をするために快適な通信スピードを確保している空港も多くあります。

2、ホテル

国際的に有名なホテルや現地で観光客が多く利用するホテルでは、フリーWi-Fiをサービス提供している傾向にあります。これらの場所では、日本人向けの案内を教えてくれるホテルもあります。それでも、わからない時はフロントに問い合わせてみましょう。フリーWi-Fiの接続方法を教えてくれます。

3、レストラン、カフェ

レストランや、カフェでフリーWi-Fiを提供している場所もあります。このような場所では、フリーWi-Fiの接続名を店内に記載している場合があります。

4、その他

その他にも、様々な場所でフリーWi-Fiは提供されています。フリーWi-Fiが提供されているかどうかは、現地スタッフに聞いてみましょう。 Wi-Fi環境があれば必ず接続方法を教えてくれます。

このように、フリーWi-Fiの提供エリアは拡大し、日本にいるような感覚で調べ物をすることができます。

また、有料のWi-Fiレンタルサービスはお金がかかる!安く済ませたい!という思いからできるならフリーWi-Fiを使っていきたい。そう考える人にとって、海外でインターネットを利用する場合には、現地のフリーWi-Fiを使えばよいと考える方は多いかもしれません。確かに手軽さとコストが掛からない点ではフリーWi-Fiは有効なのですが、必ずしも使い勝手が良いとは限りません。実際に海外のフリーWi-Fiを利用した人の体験談を紹介しましょう。

実は、海外のフリーWi-Fiを使って散々な目にあってしまった。という人もいます。

<とほほなWi-Fi体験談>

  • 中国に行った時にホテルの無料Wi-Fiを利用したのですが、とにかく重たくて遅かったです。特に日本のサイトは規制がかかっているのか、途中動かなくなってイライラしました。
  • スマートフォンを使いたくてタイに行った時に無料Wi-Fiスポットを探したのですが、カフェやホテルなど場所が限られているのと、繋がっても遅くて使いモノになりませんでした。
  • ベトナムは無料のWi-Fiスポットが意外と多くて、途中途中でネット接続できました。但し、電波の範囲が数メートルで、少し移動するだけで切断されることもあり困りました。
  • 観光スポットには、必ずWi-Fiがあるが、海外旅行客がそのWi-Fiを使っているので、とにかく重い。全然読み込めない。観光客が多くいればいるほど、通信環境が悪くなるので、読み込みにイライラした記憶がある。
  • スマホが、Wi-Fiマークになっていたので、安心してスマホを使用していた。しかし、 帰国後スマホの請求額を見てみると、かなりの高額料金に。Wi-Fi接続だからと安心してはいけない。国際ローミング設定をし忘れるととんでもないことになる。

以上のように通信環境は場所によって違いますし、無料なので快適な接続は保証されていません。補助程度に使うのには良いですが、メインで使用するのはおすすめできません。

問題は、重さだけであれば、イライラするだけで済むのですが、それ以外にも重要な問題があると言われています。

フリーwifiに潜む危険性と注意点

フリーwifiをおすすめしない理由は接続環境だけでなく安全性に問題があるということもあります。

フリーwifiが使える場所は、先ほど述べたように、ホテルやカフェ、空港などが多くなっています。こうした場所は誰でも簡単に利用できる代わりに、セキュリティ(暗号化)設定が甘く不正アクセスによるウイルス感染や個人情報を盗まれる可能性が高いのです。

これは、一体どのようなことかを詳しく説明しましょう。

通常安全な回線は、誰が接続しているかわからないように、暗号化をします。

この暗号化は、様々ですが有料回線の多くにVPNで通信を暗号化しているものがあります。国内で、無料Wi-Fiを接続した際、【この回線は安全ではありません。】という表示を見た事がありませんか?これが、海外のフリーWi-Fiに潜む危険です。

そして、ネットを接続した際に、オンライン上でクレジットカードの情報を登録していた場合、ここから情報が漏洩してクレジットカードを不正利用されてしまうといった問題も実際に起きています。個人情報が盗まれるのは非常に怖いことです。そのため、安全ではないと言えるのです。

そんな事を言っても、実際自分は遭うわけがないから、大丈夫。そう思う人もいるかもしれません。そこで、実際に海外でフリーWi-Fiを利用して怖い目に遭った人の話をピックアップしてみました。

  • タイに行った時にカフェの無料wifiをよく利用しました。ネットの接続環境は良好だったのですが、店員さんが“またパスワードを盗まれた”と言っていて使うのが怖くなりました。
  • アメリカで無料wifiを利用しようとしたところ、接続時に突然クレジットカード情報の入力画面が出てきて驚きました。英語の説明はわかりにくいし怖いので使いませんでした。
  • 海外に行った時に空港の無料wifiを利用しようと思って設定画面を開いたのですが、同じような名前の接続先がたくさんあってよく見たら空港のwifiでないものがありました。
  • ノートPCを使用していたら、ウィルスが入った恐れがあるという警告が出た。帰国後慌てて駆除する措置をしてもらったが、ウィルスが入ったために、個人情報が盗まれたんじゃないかと怯える日々を送っていた。

このように、情報漏洩してしまったトラブルや、安全面で困ってしまったという人も少なくありません。フリーWi-Fiでは、ハッカーが偽の接続先を設置していることがよくあります。このような手口で海外ではあなたのスマホから情報を抜き出そうとしている悪い人もいます。これを防ぐためには対策が必要です。多少コストがかかってもレンタルWi-Fiを利用した方が安全ですし、使えるエリアの範囲も広いので間違いなく利便性は高いと言えます。

レンタルWi-Fiの利点と欠点

フリーWi-Fiがいかに危険かということがわかりました。そこで、登場するのが、レンタルWi-Fiです。レンタルWi-Fiの特徴は、下記の2つです。

利点

1、安全面が確保されている

フリーWi-Fiに比べて安全な回線でネット接続をします。ネットを閲覧しているだけで、情報漏洩をしてしまうという心配はまずありません。

2、回線速度がフリーWi-Fiよりも早い

レンタルのWi-Fiは個人で使うものなので、回線の奪い合いということはありません。スムーズに接続することができます。

このように、フリーWi-Fiと比べて安全かつ速度が早いのがレンタルWi-Fiの良いところです。しかし、レンタルWi-Fiにも問題があります。

欠点

1、バッテリー消費が激しい

Wi-Fi機器は、どれもバッテリー消費が激しいものばかりです。モバイルバッテリーを持っていないと、すぐに電池が切れてしまうという問題があります。消費量を常に気にしておかなければなりません。

2、場所によっては、使えない。

アメリカ、イギリス、フランスなどインフラが整備されている国では活躍しますが、インフラが整備されていない場所だと、接続がそもそも出来ないこともあります。レンタルしたのに、全く使えないこともあるので、事前チェックが必要です。

3、速度制限

レンタルWi-Fiでは、ある一定の通信量を超えたら制限速度になるものもあります。想像以上に制限速度に到達する場合があるので、過度な使用は控えましょう。

このように、欠点もありますが、安全面を考慮するとレンタルWi-Fiを使用した方が良いと言えます。最後に海外におけるWi-Fi活用術をまとめましょう。

海外Wi-Fiの賢い使い方

1、現地の通信環境を調べる

海外では、通信環境が日本と異なります。必ず現地の通信環境がどのようなのかを調べましょう。実際に現地に行ったことがある人、現地スタッフ、誰でも構いません。通信状況を必ず調べておきましょう。

2、下調べは、旅行前にしておく

Wi-Fiを使用するシーンは、何かを調べるためのネット接続をする時ではないでしょうか。事前に調べておけるものは、必ず国内で調べておきましょう。

3、どうしても使わないといけない時のみ使う

どうしても、フリーWi-Fiを接続しないといけない場合以外は、使用を控えましょう。時刻表や現地でしか知り得ない情報集めなど、使用場面を限定しましょう。

4、基本、スマホは機内モード

国際ローミング設定をONにしていると、勝手に国内と同じように回線を使用してしまう場合があります。これが続くと高額請求になるので、必ず海外に到着したら、国際ローミング設定を確認し、機内モードにしておきましょう。

まとめ

海外旅行では、Wi-Fiは欠かすことができない便利なアイテムです。しかし、その一方で使い方を誤ると痛い目に合うこともあるので、利点・欠点を理解した上で賢く活用しましょう。

他にも知りたい海外wifiの基礎知識

3泊4日の料金で比較!海外wifiレンタルサービス早見表

イモトのWiFi
当日レンタルOK!
グローバルwifi
当日レンタルOK!
ワイホー!
当日レンタルNG
JALABC
当日レンタルOK!
グローバルモバイル
当日レンタルNG
韓国の場合 3,920早割あり
30日前10%OFF
40日前15%OFF
5,880 5,064 5,440 3,960
公式
サイト
公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ
海外wifi3泊4日の利用でも3,920円~!?
フリーwifiは危ない?

現地のフリーwifiはセキュリティ(暗号化)設定が甘く、不正アクセスによるウイルス感染や個人情報を盗まれる可能性が高いのです。特に海外の空港やホテルにはハッカーがフリーwifiを装って、偽の接続先を設置していることもあるので細心の注意が必要です。詳しくはこちら

どっちがオトク?wifi vs ローミング