使うならコレ!格安の海外wifiレンタルサービスまとめ

イタリア

ここではイタリアの魅力やおすすめの格安wifiレンタルサービスを比較表にしてまとめています。

イタリアに行くには直行便と経由便の2つが利用できます。直行便だと航空券、空港施設使用料、空港税などを合わせて70,000円程度かかります。宿泊費はスタンダードクラスなら1泊10,000円~15,000円が平均相場ですが、大都市ほど高めになります。

海外wifiレンタルの料金は4G・大容量500MBで1,500~1,700円/日。これに補償サービスを付けると1日1,800~2,000円くらいかかると考えればよいでしょう。

これがオススメ!格安の海外wifi早見表

すべてwifiレンタル料(LTE・500MB・3泊4日のレンタル料金)+補償金額の合計額(単位:円)となっています。

  イモトのWiFi グローバルwifi ワイホー! JALABC グローバルモバイル
4G・LTE500MB 7,520 7,880 6,784 7,560 -
 当日レンタル × -
公式サイトへ  公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ

wifiの口コミ評判

イモトのWiFi

ストレス無く使えて受取時の説明も丁寧

市街地はもちろん、電車移動でもほとんどストレスなく使うことができました。安くて手軽に使えそうなものを何気なく選びましたが、受取時の説明も丁寧で、ここにして正解でした。

すぐに使えて日本と変わらずサクサク快適

設定が簡単で現地に着いてすぐに使えました。通信速度についても日本にいる時とあまり変わらずサクサク使えて快適で、必要な場合のみ電源を入れるようにすればバッテリーも持ちます。

料金が安く家族3人で使っても問題なかった

家族3人で使ってみましたが、海外パケットホーダイと比べると驚くほど安くなります。スマホやタブレットなど全部で5台接続しましたが、問題なく使うことができました。

グローバルwifi

バスの移動中でも途切れることがなかった

イタリア5都市で繋がって、バスで移動中でも通信が途切れることなく使えました。電池切れが心配でしたが、バッテリーを時々オフにすることで1日8時間くらいは持ちました。

通信速度が速くどの地区もカバーしていた

4Gなので通信速度が速く、メールのやりとりがスムーズにできました。ローマやミラノを中心にさまざまな地区を回りましたが、圏外にならずにすべてカバーしていたので助かりました。

国内と同様の使い勝手で時間を有効に使えた

4Gをレンタルしましたが、国内で使用しているwifi環境と同様に使えました。初めてのイタリア個人旅行でしたが、調べ物ができたので時間のロスなく目的地を周れました。

ワイホー!

南北で接続の違いはあったが概ね良好だった

概ね良好な通信状態でしたが、イタリアの北部と比べると南部では接続が悪くなることがありました。設定は簡単で、モバイルwifiルーターの使用経験があれば問題なしです。

観光スポットで問題なく使えて速度にも満足

イタリアの観光スポットで問題なく使えました。機器設定は家の無線LAN接続の知識程度で簡単にできましたし、通信速度も実用的なレベルに達していたので満足しています。

JALABC

口コミは見つかりませんでした。

グローバルモバイル

口コミは見つかりませんでした。

イタリアが人気の理由をチェック

イタリアには世界の文化財の40%があると言われ、年間5,000万人近くの観光客が訪れます。首都ローマを始め、水の都ベネチア、芸術のフィレンツェなど見どころが満載の国と言えます。

古代と現代が調和した美しい街並みを楽しんだり、日本でも馴染みのあるイタリア料理を食べ歩いたり、美術館や博物館巡りをするなど目的に応じてさまざまな楽しみ方ができるのが魅力です。通信環境も整っているので、wifiレンタルも快適に使えます。

3泊4日の料金で比較!海外wifiレンタルサービス早見表

イモトのWiFi
当日レンタルOK!
グローバルwifi
当日レンタルOK!
ワイホー!
当日レンタルNG
JALABC
当日レンタルOK!
グローバルモバイル
当日レンタルNG
韓国の場合 3,920早割あり
30日前10%OFF
40日前15%OFF
5,880 5,064 5,440
公式
サイト
公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ
海外wifi3泊4日の利用でも3,920円~!?
フリーwifiは危ない?

現地のフリーwifiはセキュリティ(暗号化)設定が甘く、不正アクセスによるウイルス感染や個人情報を盗まれる可能性が高いのです。特に海外の空港やホテルにはハッカーがフリーwifiを装って、偽の接続先を設置していることもあるので細心の注意が必要です。詳しくはこちら

どっちがオトク?wifi vs ローミング