使うならコレ!格安の海外wifiレンタルサービスまとめ

台湾

ここでは台湾の魅力やおすすめの格安wifiレンタルサービスを比較表にしてまとめています。

台湾は距離的にも近いため、ほとんど直行便で行くことができます。格安航空券なら往復10,000~20,000円程度が相場です。宿泊費は標準クラスで1泊10,000円前後ですが、5,000円程度と低価格で泊まれるホテルもあります。

インターネット環境が比較的発達している台湾では、多くのwifiレンタルサービスがあります。その中で4G・LTE(500MB)接続の料金はおおよそ1,000円~1,300円/日です。補償サービスを付けると1日1,500円程度と考えておけばよいでしょう。

これがオススメ!格安の海外wifi早見表

すべてwifiレンタル料(LTE・500MB・3泊4日のレンタル料金)+補償金額の合計額(単位:円)となっています。

  イモトのWiFi グローバルwifi ワイホー! JALABC グローバルモバイル
4G・LTE500MB 6,320 6,680 - 5,840 3,560
 当日レンタル - ×
 公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ

wifiの口コミ評判

イモトのWiFi

途中で切れることなく写真メールも送れた

写真付きメールが問題なく送れましたし、台北・高雄・九分など街中で繋ぎっぱなしでも途中で切れることは無かったです。予備バッテリーがあるとさらに安心です。

イライラせずに快適に使えて満足度は最高

都心部での利用頻度が高かったこともあるかもしれませんが、速度も十分でイライラすることなく快適に使えました。朝に充電しておけば夜まで持ちますし満足度は最高です。

遠くまでwifi電波が飛び速度も不満なし

速度に全く不満は感じず、wifiの電波がかなり遠くまで飛ぶ印象でした。台湾西部でやや繋がりにくい場所もありましたが、ほぼ全土をカバーしているので安心です。

グローバルwifi

機械が苦手でもスムーズに接続できた

海外では極力携帯電話などを使わないようにしてきましたが、wifiレンタルは設定も簡単で接続もスムーズにできたので、機械が苦手な私でも簡単に使うことができました。

郊外での利用もストレス無く情報検索ができた

台湾の都心と一部郊外での使用でしたが、Webでの現地情報収集や地図検索などがストレス無くできました。連続使用だとバッテリーが半日ほどで切れてしまうので予備充電器は必須です。

台湾のどこでも繋がり機器設定も簡単だった

一部山間部を除いては台湾のどこにいても繋がり、通信速度も許容範囲内です。機器設定が非常に心配でしたが、知識がなくても簡単で、バッテリーも予備充電器の出番なしでした。

ワイホー!

口コミは見つかりませんでした。

JALABC

口コミは見つかりませんでした。

グローバルモバイル

現地の通信速度が良好で田舎でも繋がった

手続き方法がわかりやすくて、とても助かりました。通信速度も良好で、台湾の田舎の方に行っても問題なく繋がりました。海外旅行の際は、今後も利用させていただきます。

途中で切れないので常に現在地確認が可能

台中・台南・高雄と渡り台湾をほぼ一周したのですが、どこに行ってもwifiが繋がりました。おかげで常にネット地図で現在地を確認できたので、安心して旅行ができました。

いつでもサクサク情報検索できて使いやすい

4日間の台湾旅行で利用しましたが、地図やインターネットでの情報検索がいつでもサクサクできてバッテリーの持ちもよかったです。大きさもコンパクトで使いやすかったです。

台湾が人気の理由をチェック

台湾は近年急激に日本人の旅行者が増えていると言われていて、特に初めて海外旅行に行く人や一人旅の行き先として選ばれることが多いようです。

その理由は、東京からでも4時間で行ける近さと場合によっては国内よりも安くて済む旅行費用です。また日本語が通じる場所が多く、他の国に比べて治安が良いことも旅行者に安心感を与えていると言えます。

観光スポットとしては、映画「千と千尋の神隠し」の舞台とされている九份や101階建てで508メートルの高さを誇る台北101、さまざまな屋台が出店する士林夜市など、独自に発展する文化を楽しめるのが魅力です。

3Gと4Gや容量などレンタルwifiはどうするべき?in台湾

台湾へ行く際にwifiをレンタルしようと思っても、レンタル会社が多くあるので選ぶのに時間がかかってしまいますよね。快適さで選ぶのか、料金の安さで選ぶのか、wifiを使用する目的や滞在日数によって変わってくるものです。

ここでは通信速度や容量について説明するので、wifi選びの参考にしてください。

レンタルwifiにおける3G・4Gの比較

まず3Gと4Gの違いですが、通信速度の速さが異なります。3Gよりは4Gの方が圧倒的に早くなします。価格で選ぶなら3G、快適さで選ぶなら4Gがおすすめです。動画やweb閲覧をよくするなら4Gの方がストレスなく見ることができます。

メールやLINEなどが多くなるなら3Gでもそれほど問題はありません。自分に合った通信速度を選ぶようにしましょう。

データ容量はどうする?

wifiレンタル会社によって、1日で使用できるデータ容量が決まっています。業界最安値レベルの「グローバルwifi」は1日あたり250MBまでと制限があります。

動画を長時間みたり、web閲覧の頻度が多くなったりすると、すぐに容量不足になります。LINEやメール中心の使用であれば、十分な容量です。

台湾でレンタルwifiを使うまでの流れ

実際に台湾に着いて、wifiどうやって使ったらいいの・・・とならないように、現地でスムーズに使いこなせる方法をご紹介します。

ネットで事前に申込みをしておく

まずネット上で、wifiレンタルの予約を済ませます。受け取り方法は2パターンあり、1つは自宅に宅配で届けてもらう、2つ目は出発日当日に空港で直接受け取るかを選ぶことができます。

宅配を選んだ場合、出発日までにwifi機器が手元に届くようにスケジュールを考える必要があるので、空港で直接受け取りをするのがおすすめです。

台湾へ出発する当日に空港でwifiをレンタル

事前にネットで予約を済ませておくと、出発当日に空港でwifi機器を受け取ることができます。空港に着いたらまず、受取カウンターまで行き一通りの手続きを行います。

カウンターではスタッフが利用方法や機器の説明をしてくれるので、この機会に疑問や質問もするようにしましょう。

必ずモバイルネットワーク経由のデータアクセスの機能をオフ

データローミングをオフにすると、モバイル経由でのネット接続を阻止することができます。台湾に限らず、日本国外に行った際に、自動で国際ローミングを使用してネットに接続されてしまうので、高額請求に繋がってしまう可能性があります。

現地に着いて慌てないために、飛行機に乗る直前か空港の中、最低でも着陸直前までには、データローミングをオフにしておくようにしましょう。

台湾の空港到着後、wifi機器の電源をいれてみる

空港に到着したら早速、wifi機器と自分の端末と接続をしてみましょう。操作は簡単で、wifi機器の電源を入れて接続IDとパスワードを確認します。機器によっては、機器本体にシールで記載されている場合があります。

自分が利用する端末に、接続IDが表示されたらタップして選択します。すると、パスワード入力画面に切り替わるので、パスワードを正しく入力します。これで接続は完了です!試しにweb閲覧をしてみましょう。問題なく表示されればバッチリです。

wifiレンタルを忘れても、現地でピックアップ・予約が可能

旅行に行く前って、準備でどうしてもバタバタしてしまいますよね。出発当日にwifiレンタルの予約するの忘れていた!ってことがあっても大丈夫。台湾には現地に着いてから予約なしで、wifi機器をレンタルする方法があるんです。その方法をご紹介します。

KKdayの特徴

  • 1日あたり/100元(約400円以下)/高速4G対応
  • 制限なしの激安価格!
  • 桃園国際空港、台北松山空港、高雄空港で受取/返却
  • 受取と返却場所が違っても大丈夫

iVideoの特徴

【3Gプランの場合】

  • 1日あたり/439円→263円(40%OFF)
  • 制限なしの激安価格!
  • 日本の空港、台湾の空港、宅配、台湾のコンビニ、台湾・日本iVideo店舗で受取/返却

【4Gプランの場合】

  • 1日あたり/659円→374円(40%OFF) /高速4G対応
  • 制限なしの激安価格!
  • 日本の空港、台湾の空港、宅配、台湾のコンビニ、台湾・日本iVideo店舗で受取/返却

台北市政府が提供しているwifi環境「TPE-Free」とは?

台北には、台北市が提供する無料の公衆無線LANサービス「Taipei Free(台北フリー)」があります。通信エリア内に滞在することが多ければ、このサービスを上手く活用するのも一つの方法ですよ。

Taipei Freeって誰でも使える?

Taipei Freeは、台北市民はもちろん、台北市外の人、ビジネスマン、外国人観光客やビジネスマンなど誰でも使用することができます。

サービスエリア内で、スマホ、タブレット、パソコンなどのワイヤレスネットワークを受信できる端末を持っていれば、無料で無線LANサービスを利用することができます。

Taipei Freeの接続時間は?

Taipei Freeは嬉しいことに、接続時間は無制限です。野外の公衆エリアは24時間年中無休で接続できます。屋内の公衆エリアでは、営業時間内であれば常時使用できます。

サービスエリアは?スポットはどうやって見つけるの?

Taipei Freeのサービスエリアは、台北市の主要公共エリアが中心です。屋内だと、台北市政府市政ビルなどの12か所の行政センター、市立図書館や各分館、私立連合病院の各病院、台北MRT駅や地下街などが対象です。

野外だと、主要幹線道路、主要住宅・商業エリアなどがあります。

Taipei Freeサービスの申請方法は?

Taipei Freeを使用するには、事前に無料のアカウント登録をする必要があります。項目を入力し、登録を完了させます。

自分の端末のwifiをONにすると、「TPE-Free」や「TPE-Free_CHT」というネットワーク名が出てくるのでどちらかを選択します。

次に同じ端末からブラウザを開くと、Taipei Freeのログイン画面が出てくるので、「Taipei Free用戸」を選び、上から電話番号と会員登録の際に自分で決めたパスワードを入力し、「登入」をタップするとインターネットに接続されます。

3泊4日の料金で比較!海外wifiレンタルサービス早見表

イモトのWiFi
当日レンタルOK!
グローバルwifi
当日レンタルOK!
ワイホー!
当日レンタルNG
JALABC
当日レンタルOK!
グローバルモバイル
当日レンタルNG
韓国の場合 3,920早割あり
30日前10%OFF
40日前15%OFF
5,880 5,064 5,440
公式
サイト
公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ
海外wifi3泊4日の利用でも3,920円~!?
フリーwifiは危ない?

現地のフリーwifiはセキュリティ(暗号化)設定が甘く、不正アクセスによるウイルス感染や個人情報を盗まれる可能性が高いのです。特に海外の空港やホテルにはハッカーがフリーwifiを装って、偽の接続先を設置していることもあるので細心の注意が必要です。詳しくはこちら

どっちがオトク?wifi vs ローミング