使うならコレ!格安の海外wifiレンタルサービスまとめ

シンガポール

ここではシンガポールの魅力やおすすめの格安wifiレンタルサービスを比較表にしてまとめています。

シンガポールへは格安航空券を利用すれば、往復40,000円前後で渡航することが可能です。直行便と乗継便との差は2,000円程度なので、直行便が見つかればそちらを利用するのがよいでしょう。但し、単独でのホテル料金がアジアの中でも高いことで知られており、1泊20,000円前後かかるため、格安ツアーを利用した方がお得です。

wifiレンタルサービスは3Gのみのところが多いですが、4G・LTE接続しているサービスもあり、大容量500MBで1,400~1,600円/日が相場となっています。補償サービスのオプションも入れて1日2,000円程度の予算を考えておけば間違いありません。

これがオススメ!格安の海外wifi早見表

すべてwifiレンタル料(LTE・500MB・3泊4日のレンタル料金)+補償金額の合計額(単位:円)となっています。

  イモトのWiFi グローバルwifi ワイホー! JALABC グローバルモバイル
4G・LTE500MB 7,520 6,680 - - -
当日レンタル - - -
 公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ

wifiの口コミ評判

イモトのWiFi

画像添付メールも高速でどこでも繋がる安心感

価格・速度・繋がりやすさ共に満足する内容でした。画像を添付したメールも高速で送れ、どこでも繋がるので安心感がありました。機器設定も簡単で使いやすかったです。

大容量で2人でも十分使えるので他社より優秀

GWのシンガポール旅行の際に利用しましたが、イモトのレンタルwifiだと2人で1台でも十分使えるし、他社よりデータ量制限がかかりにくい大容量なのでとても優秀だと思いました。

使い勝手がよく受渡しも迅速なのでリピート

シンガポールの主要な都市部を移動して使いましたが、地図アプリの反応もよくストレスを感じませんでした。使い勝手も良いですが、空港での受渡しが迅速なので、また利用したいと思っています。

グローバルwifi

ビジネス利用でも必要な作業ができて満足

ビジネスでシンガポールに出張に行った時に利用しました。市内のさまざまな場所で使ってみましたが繋がりにくい場所はなく、必要な作業がスムーズにできたので大変満足です。

フォローのメールが届きサポートが手厚い

3日目に繋がりが悪くなることがありましたが、パケット量から判断して異常がないかというメールが届いていて手厚い対応だと思いました。安さとサポート体制に満足しました。

全島で繋がって容量が大きな写真も問題なくアップ

シンガポール全島で繋がり、容量が大きい写真も問題なくアップロードすることができました。電源オンのままだとバッテリーは4時間でなくなりますが、携帯充電器があれば問題ありません。

ワイホー!

口コミは見つかりませんでした。

JALABC

口コミは見つかりませんでした。

グローバルモバイル

口コミは見つかりませんでした。

シンガポールが人気の理由をチェック

シンガポールは本島を含め60以上の小さな島々で構成される国際都市国家で、アジア経済発展の中心的ポジションにあります。観光客はもちろん、ビジネスで訪れる人が多いのが特徴です。

高層ビルが建ち並ぶ近未来的な街並みと豊かな自然との調和が魅力で、旅のしやすさはアジア一と言われています。というのも世界平和度指数ランキングで上位にランクインするほど治安がよく、交通網が発達していて移動がしやすいからです。

また2010年にオープンした宿泊とショッピングやカジノが楽しめるマリーナ・ベイ・サンズ、柵や檻をなくしたことで有名なシンガポール動物園、高さ165mにも及ぶ世界最大の観覧車シンガポール・フライヤーなど見所が多いのも人気の理由の1つです。

最近では高級ホテルに泊まれる格安のツアーも増えてきているため、中国系・マレー系・インド系などの文化が融合する街並みでゆったりと過ごす観光客も増えています。

多くの外国人が訪れるシンガポールでは、無料wifiなどの充実した通信インフラも利用できます。ここでは、シンガポールで使用できる無料wifiの実情について解説しています。

シンガポールでは政府が無料wifiを提供している

シンガポールは、政策として外資を積極的に導入することで大きな経済成長を成し遂げた国です。当然ビジネスのために多くの外国人が訪れていますが、こうした外国人が悩むのが本国との連絡手段についてです。

外貨の獲得を優先するシンガポールとしては、さらに多くの外国人に訪れてもらえるよう、政府が無料wifi設置を推し進めています。

パソコンや携帯を頻繁に使うビジネスマンにとって、wifiが手軽に利用できるのは非常にありがたいことです。また旅行客にとっても、自国の友人や家族に連絡したりSNSに投稿したりできるため、より快適な旅を満喫できるでしょう。

Wireless@SGについて

Wireless@SGとは、シンガポール政府が提供する無料wifiのことです。

「チャンギ国際空港」内にあるインフォメーションの窓口で申し込みをすれば、Wireless@SGに登録するためのユーザーネームとパスワードが書かれた紙がもらえます。携帯などで登録をすれば、SIMカードやルーターを使わずにwifiの利用が可能です。

肝心の通信速度についてですが、最大通信速度は2Mbpsです。これは、メールの送受信や動画サイトの閲覧などを行うのに支障ない速度ですので、容量の重いファイルの受信やゲームなどを行わない限り快適に使用ができるでしょう。

Wireless@SGの使い方

  1. チャンギ国際空港のインフォメーション窓口(入国審査場を出たところの両替から右方向)でパスポートを見せ、パスワードなどが書かれた紙を得る
  2. Wireless@SGのwifiスポットに入り、携帯電話などのwifi設定を行う(ネットワーク名は「Wireless@SG」を選択)。
  3. ログイン画面に登録したキャリアのドメインを選択。
  4. IDとパスワードを入力する

Wireless@SGは非常に便利ですが、空港で得られるIDは時間経過によって使用できなくなるため、取得すればずっと利用ができるというわけではありません。

いつでも快適にwifiを利用したいなら、現地でSIMカードを購入するか、日本でシンガポールに対応した海外wifiルーターのレンタルを利用するとよいです。

シンガポールでフリーwifiを使った感想は?

市内での受信状態があまり良くなかった!

無料wifiのWireless@SGを利用していたのですが、この無料wifiは元々空港内での利用を想定したものだったらしく、市内で利用する場合受信状態がよくないところもありましたね。

歩いていると通信が切れる!

wifiが利用できるホットスポットで無料wifiの利用をしていたのですが、歩いていると通信が切れてしまうことがあります。通話しながらだと使い勝手が悪い気がします。

安定していなかった!

無料wifiは手軽に利用できるので便利ですが、空港から離れると通信が不安定になるため空港内以外での利用はおすすめしません。渡航先でネットを利用したいなら、海外向けのwifiのルーターをレンタルするほうがいいと感じました。

やっぱりレンタルが一番!

無料wifiはとても便利ですが、実際は使用が限定的になるようです。旅行や仕事などでシンガポールへ行き、ネットを利用する場合は、やはりレンタルwifiが必須といえます。

3泊4日の料金で比較!海外wifiレンタルサービス早見表

イモトのWiFi
当日レンタルOK!
グローバルwifi
当日レンタルOK!
ワイホー!
当日レンタルNG
JALABC
当日レンタルOK!
グローバルモバイル
当日レンタルNG
韓国の場合 3,920早割あり
30日前10%OFF
40日前15%OFF
5,880 5,064 5,440
公式
サイト
公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ
海外wifi3泊4日の利用でも3,920円~!?
フリーwifiは危ない?

現地のフリーwifiはセキュリティ(暗号化)設定が甘く、不正アクセスによるウイルス感染や個人情報を盗まれる可能性が高いのです。特に海外の空港やホテルにはハッカーがフリーwifiを装って、偽の接続先を設置していることもあるので細心の注意が必要です。詳しくはこちら

どっちがオトク?wifi vs ローミング