使うならコレ!格安の海外wifiレンタルサービスまとめ

韓国のwifi事情について徹底リサーチ!

今や海外旅行中でも欠かせないインターネット。知りたい情報を検索するだけではなく、ツイッターやインスタグラムなどのSNSを利用する時には、整備されたwifi環境が必要です。こちらでは、韓国のwifi事情について紹介しています。

韓国のwifi事情をチェック

IT先進国である韓国。子どもから大人までスマホを持っているほどスマホが普及しています。wifiのニーズが高く、フリーwifiスポットやソウル全体で利用できるパブリックwifiなど、旅行者でも無料で利用できるwifiサービスが充実しているのが特徴的。韓国のキャリアと契約している端末やSIMカードを持っていれば、フリーwifiを利用できるカフェも多くありますが、どこにでもフリーwifiスポットがあるわけではありません。そんな韓国のwifi事情について詳しくチェックしましょう。

独自の規格を開発している韓国

韓国で開発された「WiBro」とは?

「WiBro」とは、サムスンやLGなど韓国にある大手企業や政府機関が共同企画・開発したブロードバンド無線通信規格です。2005年に国際標準規格に認定されています。広い範囲でインターネットを利用できる広帯域無線通信規格「WiMAX」をベースにしており、より高いレベルでの通信速度と広範囲のエリアをカバー。移動中であっても通信が途切れることがなく、インターネットを快適に利用できるのが特徴です。韓国国内で商用化が進んでいて、海外からも注目されています。

「WiBro」独自のサービス

WiBroは、基本的なインターネット接続サービス以外にもWiBro独自のサービスがあります。個人の好みに合った最新のニュースを見ることができるHot clipや動画コンテンツを自由に利用できるmLog、画像データを共有できるマルチボードなどです。他にもマルチメッセージやチャットなどのサービスもあります。

wifiが発達しているため、サイバー犯罪も多い

フリーwifiは発達し過ぎると危険!

韓国では政府機関が通信規格の開発を行うほどwifiが発達しているため、サイバー犯罪に合うリスクが高いのが現状です。フリーwifiを利用する場合、wifiスポットに毎回接続し直す必要があるので、その時に出所不明の怪しいフリーwifiに接続してしまいハッキングされるケースがあります。利用者の無線通信が暗号化されないため、他人にデータを傍受されたり個人情報が漏れることがあるほど危険です。

サイバー犯罪のリスクを下げる方法

韓国には無料wifiスポットである「ソウルwifi」は、パスワードがいらないフリーwifiのため、サイバー犯罪に巻き込まれる可能性があります。サイバー犯罪に合わないためにはパスワード不要のフリーwifiの利用を避けると◎。フリーwifiを避けつつインターネットを利用するならレンタルwifiがおすすめです。一定の接続先で利用することができ、パスワードがかかっているため、フリーwifiよりも安全性が高いと言えます。海外旅行先で危険な目に合わずに快適なネット環境を整えるならレンタルwifiが良いかもしれませんね。

韓国のフリーwifi事情

韓国の首都ソウルでは、公共エリアを無料wifiスポットを設置しており、多くのフリーwifiがあります。フリーwifiが利用できるのは、ソウルだけではなくホテルや人気が高い観光地などでも◎。こちらでは韓国のフリーwifiがどのような場所に設置しているのかについて紹介します。

ソウルや釜山など主要都市

ソウルのフリーwifi環境

韓国の主要都市であるソウルでは、世界でトップクラスのデジタル都市にするために「ソウルデジタル基本計画2020」という計画を実施しています。現段階で「Seoul WiFi」「Public WiFi@Seoul」などのwifiが無料で利用可能。ソウル市内のフリーwifiは、韓国のキャリアと契約している端末だけが適応するケースが多いのが特徴です。

釜山のフリーwifi環境

第2の都市である釜山は、人気の観光地のため外国人でも利用できるフリーwifiスポットが多数あります。釜山市で人気の高い観光地25カ所でインターネットへアクセス可能。ソウルのフリーwifiと違って、外国のキャリアの端末でもスムーズに利用できます。

ホテル

ほとんどのホテルがフリーwifiを完備

韓国のホテルでは、ほとんどの場所でフリーwifiの環境が整っており、インターネットを利用可能です。ソウル市はロッテやシェラトンホテルなど有名なホテルがあるため、フリーwifiが充実しています。ただし客室で利用できず、ロビーやフロントでしかインターネットに接続できないホテルがあるのも現状。また、有線LAN接続のみインターネットへのアクセスが可能のところもあります。

ホテルにフリーwifiがない場合

韓国旅行の際、ホテルを予約する前に公式ホームページや口コミサイトでwifi環境をチェックしましょう。すでにフリーwifiを完備していないホテルを予約してしまった場合は、レンタルwifiを利用すると◎。韓国の空港で当日予約することができるので、ホテル内で快適にインターネットを利用できますよ。

主要な空港

金浦国際空港

ソウル市の近くにあり、羽田空港からの発着が多い金浦国際空港。フリーwifiを設置しており、持っている端末のwifi設定画面から「GimpoAir_FreeWiFi」のSSIDを選択するだけで、インターネットを利用できます。パスワードを入力がいらないため、特別な設定は必要ありません。

仁川国際空港

仁川国際空港は、ソウル市に向かうほとんどの国際便が離発着しています。そのため多くの人がフリーwifiを利用可能。wifi設定画面から「AirportWiFi」を選ぶとインターネットへアクセスできます。こちらの空港でもパスワードは不要です。

フリーwifiが繋がらない場合は…

金浦国際空港や仁川国際空港でフリーwifiに接続しにくい場合は、空港内に設置しているインターネットラウンジが◎。どちらの空港にラウンジを完備しているので、目的地までのルートやメールを確認する時に利用できて便利ですよ。

カフェやデパートなどの商業施設

カフェ

日本以上にコーヒーチェーン店が多い韓国。店舗ごとにwifiサービスを提供しています。「TOM N TOMS COFFEE」をはじめ、韓国初のコーヒー専門店「HOLLYS COFFEE」があり、大きな駅の近くには「スターバックスコーヒー」も。ほとんどのカフェでフリーwifi環境が整備されており、観光の合間にひと息つきながらネットサーフィンできます。お店によってパスワードの入力やメールアドレスの登録が必要です。

デパート

カフェ以外では「新世界百貨店」や「ロッテ百貨店」といったショッピングセンターでフリーwifiを設置しています。無料で接続してインターネットへアクセスできるので、便利ですよ。ただし、利用案内が韓国語だけのフリーwifiスポットがあるため、韓国語が読めない人はデパート内でのフリーwifiの使用は大変かもしれません。

プリペイドによる通信サービス

プリペイドwifiとは?

フリーwifiよりも安定してインターネットを利用したい人におすすめなのがプリペイドwifiです。プリペイドwifiは、プリペイドカードの購入すると、韓国内にある有料wifiスポットでインターネットの利用が可能です。前払い式で通信量を支払うため、購入したプリペイドカードの有効期間中はインターネットへアクセス可能。旅行先の通信事業者が提供しているサービスで、韓国のコンビニやイン ターネット上でプリペイドwifiを購入できます。

韓国で使えるプリペイドwifi「olleh Wi-Fi」

セブンイレブンやGS25、CUなどのコンビニで購入できる「olleh Wi-Fi」が便利です。韓国の通信社が提供しているwifiスポットを一定期間有料で利用できます。1日の料金が約360円のカードと4日で約1080円のカードが購入可能。プリペイドカードにあるPINコードを登録すると、韓国に20万スポット以上ある「olleh Wi-Fi zone」で自由にインターネットへアクセスできます。地下鉄や一部のバス内でも利用できるので、慣れてくると快適なwifi環境を楽しめるでしょう。日本から持参したスマートフォンで使用できるため、旅行者向きのwifiサービスですよ。

韓国のwifi事情に関する口コミ評判

今回初めてレンタルwifiを利用しました

以前韓国へ旅行に行った時、ソウル市内はフリーwifiが充実している印象でした。今回は済州(チェジュ)島へ行くので、レンタルwifiを利用することに。

旅行行く前にインターネットでレンタルwifiを予約できたので、スムーズでした。実際に訪れたチェジュ島には、思っていたより多くのwifiスポットがあってビックリ。「もしかしたらレンタルする必要なかったのでは?」と思っていましたが、バスでの移動中は、持っていたレンタルwifiが役立ちました!

2名で1台のwifiを利用していましたが、バッテリー切れや容量が足りなくなることはなかったです。快適に過ごすことができたので、今度海外旅行する際には、もう一度利用しようと思います。ただ、ネックなのが貸し出し口の列がすごく長いことですね。貸し出し口の列が改善されれば、もっと良いのになと思います(笑)。

インターネットへアクセスがサクサク!

韓国のwifi環境はとても良かったと思います!空港ではフリーwifiが充実しており、ホテルでも無料でインターネットへアクセスできました。場所によってはパスワードが必要でしたが、明洞にあるほとんどのお店でwifiを利用できたので、問題ありません。

フリーwifiが充実しているとはいえ、安定したインターネット接続ができないことが多いため、wifiルーターもレンタルしました。3人で1台を共有していましたが、調べものがあるとき以外は電源を切る・画像データを送信しないなどバッテリーと用量を節約するとかなり長持ちします。気軽に利用することができ、返却する際には返却ボックスへ入れるだけど簡単。また機会があれば、レンタルwifiを利用したいと思っています。

プリペイドwifiは微妙でした…

韓国へ旅行に行った時、コンビニで購入できるプリペイドwifiを利用しました。wifiの設定は簡単で、カードを購入してPINコードを登録するだけ。wifiルータを持ち歩く必要がないので、便利だと思います。ですが、私が訪れた街には購入したプリペイドwifiのwifiスポットが少なくて、街内を観光する時に使えませんでした。ただ、地下鉄では多くのwifiスポットがあったので、地下鉄での移動で利用するのが良いかもしれません。値段がお手頃価格で、1日券=約330円・4日券=約990円くらいでした。あとはもっとプリペイドwifiのスポットが増えてくれれば文句なしです。

韓国でwifiルーターをオトクにレンタルできます!

韓国旅行でKTwifiセットを4日間レンタルしました。キャンペーン中だったおかげで、wifiルーター用のバッテリーも無料!自分の空港で申し込みをすることができるので、簡単にレンタルできましたよ。wifiルーターの貸し出しを担当してくれた店員さんにお願いすると、wifi接続もしてくれたので良かったです。

観光してみると多くのお店でフリーwifi環境が整備されていてお店で何か購入すれば自由に使えます。お店に入るのが面倒な時は、wifiルーターを活用しました。4GLTE回線だったので、速度が早くて安定して満足しています!

昔と比べるとwifi環境が整っています

数年前に韓国へ旅行へ行った時と比べると、今回の旅行ではwifi環境の充実っぷりにビックリです!以前は契約しないとインターネットを利用できなかったので、外国人としては使いにくいなと感じていましたが、フリーwifiが至る所にあり、とても便利でした。屋内施設だけではなく、屋外にもwifiステッカーが貼られていて、すごく過ごしやすかったです。ソウルの観光パンフレットには、フリーwifiの場所を地図でわかりやすく記載しているので、かなり参考になりますよ。

韓国へ持っていくならこの会社!wifiサービス比較表

3泊4日の料金で比較!海外wifiレンタルサービス早見表

イモトのWiFi
当日レンタルOK!
グローバルwifi
当日レンタルOK!
ワイホー!
当日レンタルNG
JALABC
当日レンタルOK!
グローバルモバイル
当日レンタルNG
韓国の場合 3,920早割あり
30日前10%OFF
40日前15%OFF
5,880 5,064 5,440 3,960
公式
サイト
公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ
海外wifi3泊4日の利用でも3,920円~!?
フリーwifiは危ない?

現地のフリーwifiはセキュリティ(暗号化)設定が甘く、不正アクセスによるウイルス感染や個人情報を盗まれる可能性が高いのです。特に海外の空港やホテルにはハッカーがフリーwifiを装って、偽の接続先を設置していることもあるので細心の注意が必要です。詳しくはこちら

どっちがオトク?wifi vs ローミング
男性の脱毛ってカッコいい!全身もVIOもできる全国のメンズ脱毛サロンを紹介