使うならコレ!格安の海外wifiレンタルサービスまとめ
これがおすすめ!格安の海外wifi早見表 VS.携帯・スマホ会社の海外向けパケットメニュー(仮) 使わない方がいい?VS.海外のフリーwifi

そもそもwifiとは何?

wifiとはパソコンやスマホ、タブレットなどの端末をインターネット閲覧などができるように、無線(ワイヤレス)で接続する方法です。
これは接続する端末機器が、インターネット接続に対応しているものに限ります。
職場や自宅でwifiを利用するには、wifiルーターが必要になります。wifiルーターとはインターネットに必要な電波の送受信を行います。
wifiを利用すると、web閲覧はもちろん、スマホやタブレットの写真をプリンターでプリントしたり、音楽を聴いたりすることができます。

ポケットwifi(モバイルルーター)とは何?

上記のようなwifi機器を小型にして、持ち運びができるようになったものがポケットwifiと言います。
ポケットwifiは、外出時などの際に手持ちの端末と、場所を選ばずどこでもインターネット接続ができるので大変便利です。
ポケットwifiを活用するとスマホの通信料を抑えることができます。

さらに海外へ渡航する際も、ポケットwifiの電源を入れて手持ちの端末にパスワードを入力するだけで、手軽にインターネットが可能です。
海外へ行く際に一番大きな壁となるのは言葉の違いですが、インターネット接続ができる端末があると翻訳ができるので心強くなります。
さらに海外は慣れない地域なので、地図を見る機会が多くなります。
そんなときにも、スマホでインターネットができると分厚い地図本を持ち歩かなくて済みます。
さらに現在地を知ることができ、目的地までの道案内も簡単にできる頼もしいパートナーになります。

スマホ・タブレット端末ポケットwifiは、海外へ行く際には必ずあったほうが良いとされる必需品です。

海外用wifiの基礎知識は理解できてる?よくある誤解の解説!

日本でポケットwifiを使用する場合と、海外でポケットwifiを使用するには異なる点がいくつかあります。その違いをよく把握して、渡航先でもポケットwifiを使用して快適に過ごすようにしましょう。



海外用wifiって無制限で使えるの?


各会社のほとんどのプランでは1日に使用できる通信料が決まっています。この決められた通信料を越えると速度制限がかかり、web閲覧をサクサク見ることができずにストレスを感じてしまいます。中には少し割高でも容量制限がないプランもあります。通信速度を気にしたくない、動画やweb閲覧が多くなるという人は、容量制限がないプランを選ぶのも一つの手段です。



料金は1日単位だから滞在日数分かかる


ポケットwifiを海外へ持って行く際は、日本を出発する日から、日本に帰国する日の、1日当たりで料金が設定されます。そのため、ポケットwifiのレンタルを予約するときには、渡航日数をきちんと確認してから行うようにしましょう。さらに複数の国へ行くならばすべて国名を申告する必要があります。一度の渡航で多くの国へ行くなら、周遊プランなどを選ぶことがおすすめします。



基本料金とは別に補償パックに加入すると安心


海外へ行った際に、ポケットwifiを紛失した、盗難に遭った場合は、弁償金数万円を支払わなければなりません。こんな高額料金を請求されてしまったら残念な気持ちになってしまいますよね。ポケットwifiを予約する際には必ず、補償パックというものがあります。
1日につき基本料金とは別に、200円~500円プラスになってしまうので、安くでレンタルしたいという言う人は考えてしまうかもしれません。これは渡航先の治安や、自分の荷物の守り方に左右されます。観光客は盗難のターゲットにされやすい地域もあるので、保証パックに入る方が安心できます。

 

日本で使用しているwifiが海外で使用できない理由

なぜわざわざ海外用のwifiを使う必要があるのか、疑問に思ったことはありませんか?
日本で使っているwifiをそのまま海外で使ったら便利ですよね。
でもこれにはれっきとした理由があるんです。
ここでは、そういった疑問を解消していくので、是非参考にしてください。


法律的な理由

日本で使用できるwifi機器は、電波を発する無線機器とされており、これらは全て日本の電波法が適用されています。海外でも、その国独自の電波法が定められおり、現地で使用できる周波数や通信方法が日本とは異なります。
そのため、日本からwifi機器を持ち込むと電波法の違いなどで、法律に触れることになります。wifi機器そのものの持ち込みを禁じている国もあり、場合によっては空港の手荷物検査場でトラブルに発展する可能性もあります。


海外でwifiって必要?

渡航先で、滞在する場所のwifi環境が整っていれば、日本からわざわざwifi機器をレンタルしてまで持って行く必要はありません。渡航先で、都会に滞在するならカフェやレストレンが多く公共のwifi環境が整っている場合がほとんどです。
しかし、車での移動中やカフェ、レストラン以外の場所では公共のwifiが飛んでいない場合が多いです。ネットを使いたい時に繋がらないというのは、不安やストレスを発生させてしまい、思うように行動することができません。
いつでもどこでもネットに繋がるという安心感として、海外でつながるwifi機器はレンタルして、持って行くことをおすすめします。


 

安い海外wifiを比較してみよう!

海外へ出張や旅行へ行く際は、日本でwifiをレンタルしてから行くと大変便利です。
しかし最近ではレンタル会社が増えてきているので、
どこにしたらよいのか悩んでしまいますよね。
それぞれ特徴があり、自分に合ったwifiをレンタルするのが一番お得です。
Wifiのレンタル会社で価格を比較するので、wifi選びに役立てて下さい。

海外ルーターレンタル価格の比較表(東南アジアの場合)

  フォートラベルグローバルwifi グローバルwifi イモトのwifi Wi-Ho!
東南アジア諸国のレンタル料金(1日あたり)
タイ 520円 3G
860円 4G
670円 3G
970円 4G
680円 3G
1280円 4G
680円 3G
シンガポール 520円 3G
960円 4G
670円 3G
970円 4G
980円 3G
1580円 4G
680円 3G
ベトナム 290円 3G 670円 3G 980円 3G 390円 3G
マレーシア 460円 4G 770円 4G 680円 3G 590円 4G
インドネシア 940円 4G 670円 3G 980円 3G
1580円 4G
680円 3G
カンボジア 290円 4G 300円 3G 980円 3G 850円 3G
各種料金
wifi受取手数料 空港 540円
宅配 540円
現地 540円
(ハワイ・韓国・台湾)
空港 540円
宅配 540円
現地 540円
(ハワイ・韓国・台湾)
空港 540円 
宅配 540円
来社 0円
空港 0円
宅配 0円
手数料 540円
wifi返却手数料 空港 0円
宅配 実質負担
現地 0円
(ハワイ・韓国・台湾)
空港 0円
宅配 実費負担
現地 0円
(ハワイ・韓国・台湾)
空港 0円
宅配 実費負担
来社 0円
空港 0円
宅配 実費負担
wifi返却期限 空港 帰国当日
宅配帰国当日発送
空港 帰国当日
宅配帰国当日発送
空港 帰国当日
宅配帰国当日発送
空港 帰国当日
宅配帰国当日発送
受取可能空港 新千歳空港
新潟空港
小松空港
成田空港
羽田空港
中部国際空港
伊丹空港
関西空港
博多空港
福岡空港
那覇空港
新千歳空港
新潟空港
小松空港
成田空港
羽田空港
中部国際空港
伊丹空港
関西空港
博多空港
福岡空港
那覇空港
成田空港
羽田空港
中部国際空港
伊丹空港
関西空港
福岡空港
成田空港
羽田空港
関西国際空港
延滞料金 レンタル料金×日数 レンタル料金×日数 2,160円×日数 レンタル料金×日数
空港以外での受取方法 宅配
現地
(ハワイ・韓国・台湾)
宅配
現地
(ハワイ・韓国・台湾)
宅配
本社(渋谷)
宅配
サポート対応 電話
LINE
Skype
電話
LINE
Skype
電話
メール
電話


クレジットカード所有者必見!会員特典で海外用wifiを安くレンタルしよう

クレジットカード会社が行うwifiレンタル一覧表

  VISAゴールドカード JCBグローバルwifi 楽天カード セゾンカード ダイナースクラブカード
カード会員特典内容 通常価格よりデータ通信料金20%オフ 定価(エリア別定額料金×渡航日数)より20%オフ 通常料金の総額より15%オフ 通常価格よりデータ通信料10%オフ 通常料金より20%オフ

3泊4日の料金で比較しました!格安の海外wifiレンタルサービス早見表

海外wifiの気になる情報をまるまるお届け!
このサイトでは海外wifiを探している人向けに、評判の良い格安の海外wifiレンタルサービスについて徹底調査しています。
wifiサービスの料金や口コミだけでなく、携帯会社の海外利用向けプランはお得なのか、フリーwifiは安全なのか。
海外wifiについての情報をたっぷりまとめました。
どのwifiが安いのか知りたい!という人は、下の早見表をチェック!

※LTE・500MB+補償プランを3泊4日分で算出しています。(単位:円)※

  イモトのWiFi
当日レンタルOK!
グローバルwifi
当日レンタルOK!
ワイホー!
当日レンタルNG
JALABC
当日レンタルOK!
グローバル
モバイル
当日レンタルNG
 韓国 3,920 5,880 5,064 5,440
 タイ 6,320 6,680
台湾 6,320 6,680 5,840 3,560
公式
サイト
公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ

※海外旅行人気ランキングで、上位の3ヶ国をピックアップしています。(情報元:世界最大級の総合旅行サイト「エクスペディア・ジャパン」)

まさかの時に安心の補償プラン

紛失・盗難があっても弁償料の支払いが80~100%免除!

海外wifiをレンタルしていて、もし旅行中に機器の紛失・盗難や損壊があった場合、ルーターおよびSIMカードだけでも、最低40,000円程度の弁償料金を支払う必要があります。
せっかく格安の海外wifiをレンタルしたのに、弁償をするのにお金がかかっては、元も子もありません。
そこで各海外wifiサービスの補償プランを付けるのがオススメ。万が一機器のトラブルがあっても、補償プランを付けていれば、弁償料が約80~100%免除されるのです。
1日数百円の負担で安心が得られるので、迷わず入るべきでしょう。

おすすめ海外wifi使ってみましたみんなの口コミ体験談

繋がりやすさ、バッテリーのもち…気になったことを徹底レポ!
今回台湾の旅行に行くことになった、ヘレさん、トニーさん、タマさん、オユさん。この4人が口コミで評判の海外wifiをレンタルしました!
通信がしやすく安定しているか、バッテリーの持ちがいいか、そのほか地下での使いやすさ、持ち運びがしやすいかなど、詳しくレポートしています。

イモトのWiFi

検索はもちろん、ゲームも楽しみたい!

Comment
気になったことはすぐに調べ、地図アプリもよく使うと言うヘレさん。
最近は人気のソーシャルゲームにハマっていて、台湾旅行でもゲームする気が満々!
そんなヘレさんは今回、イモトのWiFiを使ってみました。
通信の安定性が重要ですが、旅行もゲームも楽しめるのか気になるところです。続きを読む

グローバルwifi

受取り・返却もスムーズに済ませたい

Comment
海外旅行によく行くタマさん。wifiレンタルは必須です。
いつも値段を見てレンタルしていますが、受け取り・返却がしやすいかもチェックしたいとのこと。
今回タマさんがレンタルしたのは、グローバルwifi。
受け取りから返却まで、スムーズに台湾旅行が楽しめるでしょうか。続きを読む

ワイホー!

旅行中もSNSに写真をアップしたい!

Comment
よくSNSで呟いたり、ソーシャルゲームで遊んだりしているトニーさん。台湾で絶対に買いたい物があるそう。
通信の速度・安定性も大切ですが、バッテリーの持ちも重視したいところ。
無事にお買い物が済めるかどうか、必見です。続きを読む

JAL ABC

wifiのレンタルも海外旅行も初めて!

Comment
海外旅行も、wifiレンタルも初めてだというオユさん。使いやすさや、受取り・返却のしやすさが気になる様です。
無事に受け取りから返却まで、焦ることなく海外旅行を楽しむことができるでしょうか?
海外wifi初心者ならではの感想がたっぷりです。続きを読む

携帯・スマホ会社の海外向けプランはお得?

wifiレンタルサービスと海外パケット定額の料金比較

wifiレンタルと海外向けプラン、どっちがお得?

携帯・スマホ会社では、海外でもネットを使いたい人向けに、海外パケット定額プランがあります。

各会社のプラン内容はほぼ同じで、20万パケットまでは1,980円/日、20万パケット以上は最大で2,980円/日という2段階方式。画像データを数回送信すると20万パケット以上になるのですぐに最大料金になります。

一方、海外wifiレンタルの場合は国やプラン内容によっても異なりますが、4G・LTEの大容量プランを選んで、最も高い料金になったとしても1,600円/日前後で済みます。

これに補償プランを付けても2、000円/日以内になるので、圧倒的に海外wifiレンタルを利用した方がオトクになるんです!

旅行者

海外のフリーwifiは本当に良いの?

wifiのレンタルをするよりも、海外では現地のフリーwifiを使えば、費用がかからなくてよいと考える方は多いかもしれません。

確かに空港やホテル、カフェのサービスとして提供されているフリーwifiは手軽でよいのですが、無料なだけに通信の品質は保証されておらず、必ずしも安全性が高く、使い勝手がよいとは限りません。

アクセスポイントが固定されているので、その場所でしか使えませんし、空港とホテルでは接続設定も変更しなければならないので、意外と手間がかかります。

実は繋がりにくい?

通信環境が悪く繋がっても遅いことがある

海外では国によって通信環境の整備状況が異なります。フリーwifiに接続できたとしてもその先はまだADSLなどの遅い回線を利用しているケースも。

またホテルや空港など大勢が一度にwifi接続する可能性が高い場所では、利用数が増えると速度が遅くなったり、そもそも繋がらないといったことも起きます。

海外のフリーwifiを試した人の口コミ

  • ベトナムの無料wifiスポットを利用しました。無料wifiスポットは意外と多かったので、ネット接続ができると最初は喜んでいました。
    しかし実際に使ってみると電波の届く範囲が数メートルしかなく、少し離れただけで切断されてしまうことがあって困りました。
  • タイに行った時にスマートフォンのアプリで地図や情報検索をしたくて無料wifiスポットを探しました。カフェやホテルなど使える場所が限られているため不便で、やっと繋がっても遅くて使いものになりませんでした。

実は危険?

不正アクセスされて個人情報が盗まれる可能性も…

フリーwifiは誰でも簡単に利用できるというのが特徴なのですが、裏を返すとセキュリティ(暗号化)設定が甘く、不正アクセスによるウイルス感染や個人情報を盗まれる可能性が高いとも言えます。

また空港やホテルにはハッカーがフリーwifiを装って、偽の接続先を設置していることもあるので細心の注意が必要です。

海外のフリーwifiを試した人の口コミ

  • 海外で空港の無料wifiを利用するために設定画面を開きました。同じような名前の接続先がたくさんあって使い方がよくわからないのと、よく見ると空港のwifiでないもの混じっていたので怖くなり、使用をやめました。
    使用した友人が、迷惑メールが多くなったと話していて、やめといて良かったと思います。
  • アメリカでフリーwifiを利用しようとしたら接続する際に突然クレジットカード情報の入力を促す画面が表示されたので驚きました。英語による説明で必要なことなのかよくわからなかったので、結局使わなかったです。後で無料wifiについて調べたところ、個人情報を抜かれた人もいるみたいなので、今後はwifiをレンタルします。

海外旅行でお役立ち!頼れるwifiレンタル

行き先に応じて最適なサービスとプランを選択

海外wifiレンタルは、自分と同行者だけが接続できる「wifi環境を持ち歩けるサービス」と言えます。携帯・スマホ会社の海外パケット定額より安く利用できますし、フリーwifiのように、使える場所が限定されることもありません。

ただし利用する国によって、海外wifiのレンタルサービスのプランも変わります。大容量・高速プランや周遊プランなど、さまざまな種類がありますので、行き先に応じて最適なものを選ぶことが重要です。

アジア編 ハワイ・グアム・オセアニア編 北・南米編 ヨーロッパ編